ファビュラスで涼しい夏 - 白魔術代行で貴方の未来を変える「パルテノン」

ファビュラスで涼しい夏

5年ぶりくらいに夏コミ遠征しに東京へ行って来ました。
東京、めっちゃ涼しい!何これ!状態。
後輩などは「農作物が心配なベルで涼しい」とか呟いていたけど。
大阪35度に対して、東京27度。快適すぎた・・・。
4日程、ホテル→有明→渋谷→ホテルのコースで毎日10km程歩いていたのと、帰阪したらそれなりの暑さの為、未だに身体がだるいですorz
休みの間にいただいたメールのレスは、ぼちぼちしていきます。申し訳ないですorz


東京に着いてすぐ、腹ごしらえをするために、可愛い制服で一世を風靡した某アメリカンなお店でレモンパイを食べて来ました。
5年程前にオフ会で「一度行こう!」と言う話になっていたものの、土日の午後という混み混みの時間帯だったため断念せざるを得ず。
その後も気になっていたので、ソロで特攻して来ました。
・・・うん、確かに制服は可愛かった。
でも何か違う。
立ち居振る舞い、足の運び方、サーブの仕方。
要は「服は可愛いが、身のこなしが全然なってない」状態。
だから違和感が凄い。
色々残念で、早々にお店を後にしました。
レモンパイ、もっと酸っぱくてもよかったのよ?
(私はレモン丸かじり平気な人)

そんなこんなで夏コミ1日目。
目的は「叶姉妹」を一目見る事。
9:30頃に現地に到着したので、海辺の方で霧雨の中、1時間以上待機していました。
丁度列の切り替わりだったので、大回りコースにならなかったのが助かったけど。
待機中にフェンスの向こうの会場では大手サークルの待機列が形成され始めていました。
それをぼんやり眺める私。
何か「ファビュラス列」とか言う単語があちこちから聞こえるんですが・・・w
開始5分程でファビュラスな長蛇の列が形成され、もう何が何やら。
待機している最中に「ファビュラス完売」の速報が入り、何その「なのは完売」状態!とか思ってしまった。

とりあえず11時前頃にようやく会場入りを果たし、東7へ。
1日目なんて来た事がなかったので、コスプレサークルと言う物を始めて見たかもしれない。
ごった返す人の波をかき分け、叶姉妹のスペースへ。
待機列に並ぼうかと、ファビュラス列を辿って行ったけれども、最後尾が遥か向こうで見えない上、既に配布物は売り切れたとの情報が流れていた(実はまだ残っていたらしいが既に時間の問題だった)ので、私にとっては翌日の2日目が本番だと言うこともあり、秒速で並ぶのは諦めました!

せめて姿だけでもと思い、壁サークルの人ごみをかき分けつつ、叶姉妹のスペースへ近づくと、ファビュラスに一人一人に名刺を配るお二人が。
一応、スペースは建物の中にあり、クーラーは稼働しているものの、初参加ながら最大大手のサークルとなるため、壁際の出入口通路の側に長机出して売り子している状態なので、環境的には外にいるのと大して変わらない状態。
この日は霧雨状態で例年より大分過ごしやすかったけれども、それでも人の多さと熱気と蒸し暑さとコミケスメルでジリジリ体力が奪われていく状態には変わりない。(実際、私も体力奪われる前に早々に退散した)
ご本人のブログにもあったように、1万枚の名刺を過酷な環境の中、立ちっぱなしのほぼ休みなしで笑顔を絶やさず配ったと言うのが凄過ぎる。
好きでなきゃ絶対出来ない。
仕事だったらやる、と言う人もいるかもしれないけれど、仕事で劣悪な環境の中を休憩もほぼ無しでの3時間ぶっ通しで、1万枚の名刺を笑顔を絶やさず配り切れるだろうか。
しかも名刺だから儲ゼロ。印刷代考えたらマイナスも良い所。
好きじゃなきゃ出来ないと思う。叶姉妹本気すぎです。

初参加とは思えないほどの手際の良さで、叶姉妹の手配したスタッフの誘導によりスペース前に人だかりが出来る事もなく、他のサークルに迷惑がかかる事もなく、全てがファビュラスに事が運ばれている様は、見事としか言いようがありませんでした。
並んだけれども買えなかった人、地方在住者達への配慮、そして転売ヤー阻止の為の通販大作戦も見事でした。
これだけ見事な手腕を発揮されてしまうと、そこそこ有名な人が下心ありでコミケに参加しようとしてもハードル上がりすぎて簡単に参加出来なくなってしまうじゃないですかw

そんなファビュラス列に並んでいる人達は、何故かみんな幸せそうだったw
大体、列待ちしてると殺気立つのだけれども、何故かみんなファビュラスw
ちょっと面白かった。

そんな状態だったので、スペースの前(と言ってもかなり距離がある位置だったけれども)から、ゆっくり歩きながら(立ち止まり禁止!)、お二人の姿を拝んで参りました。
胸・・・胸・・・凄かった。
あの二人の前では皆、貧乳だわ。
胸の大きい人は、大概自分の胸にコンプレックスがあって、隠そう隠そうとするものだけど、あれだけの大きさの胸をファビュラスに堂々と飾りあげる度胸と自信が凄いと思いました!
何かもう、堂々と晒している方が嫌らしくなくていいのかもしれない。
写真だと、すごく固そうに見えるけれど、実物は白くて柔らかそうだった。
何か見ただけで寿命が延びた・・・。
同じく写真だと身体つきが(胸につられて)ゴツく見えてしまうのだけど、実物は凄く華奢でした。
腕も腰も細い!おみ足はエルメスクロスで見えなかったけど!
何この方達、同じ人間!?女神か何かじゃないの!?
コミケという戦場に降り立つファビュラスな女神!?
・・・としか言いようのない状態でした。ファビュラス。

声も匂いも解らない距離で、一瞬ちらっと見ただけだったけれども、物腰の柔らかさ、溢れ出る気品とオーラに圧倒されて、「ファビュラス・・・」と拝むしか出来なかった私を誰も責められまい。
というか、周りは皆そんな状態でした!


美しさと言うのは、どうしても外見の美醜だけに目が行きがちだけれども、叶姉妹のお二方を見て、その人の立ち居振る舞い、身のこなし、言葉遣い、考え方、生き方や生き様みたいな、その人を構成するすべての要素から成り立っているものなのだなと、ひしひしと感じました。
若い時は外見だけでいいのだろうけれど、それなりの年齢を重ねたならば、重ねたなりのその人の年輪が醸し出す美しさ。そこに目を向けて磨いていく必要があるのだなって。

かつての上野動物園のパンダの様に、お姿を拝めたのは一瞬だったけれども、良い体験させていただきました。
もう、とってもファビュラスだった、としか言いようがない・・・。


そして翌日、池袋でマツコデラックスっぽい方を見かけたのだけれども、コスプレ?本人?
バンドか何かの出待ちっぽい若者の群れの中に、何故か自然に紛れ込んでいるマツコデラックス(仮)。
テレビカメラもないし、テレビで見るより化粧は薄いし、何よりもア○メイトが入っているビルの入り口だったので、コスプレ説も捨てがたい・・・。
大阪だと、吉本の芸人にはよく出くわしても、芸能人に会うことはないんだーっ!
新喜劇の末成由美姐さんは、自転車でかっ飛ばしているにもかかわらず、お綺麗な方でした。
たまには大阪でも芸能人に出会ってみたい。





お勧めサービスのご案内や、ブログで書けないディープな話題を中心にお送りするメルマガです。
読者向けに月に1回、無料ヒーリングを行っています。
是非ご登録を!
http://www.reservestock.jp/subscribe/35365

※携帯メルアドでは届きません。gmail等のフリーメールのアカウントを取得の上、ご登録ください。

願いを叶えるには
ご自身の願う力や行動力と、それに費やした時間と量が必要ですが、
魔術的サポートも同様に、時間や回数を重ねる事が必要です。
まずは、3ヶ月以上継続して受けられる事をお勧めします
☆あなたにぴったりの白魔術代行コースはどれ?☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1449

☆施術お申し込みはこちらから☆
http://wicca.sakura.ne.jp/member-pallas.html

☆施術のご感想をお寄せ下さい☆
https://ws.formzu.net/fgen/S89926879/
ブログへの掲載可の方に願望達成霊気1回分をサービス中


関連記事
【Abs】

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://cewiccapallas.blog.fc2.com/tb.php/358-877ece23