交通事故であの世の入り口を見た話・7 - 白魔術代行で貴方の未来を変える「パルテノン」

交通事故であの世の入り口を見た話・7

その1
その2
その3
その4
その5
その6


車の下でスクラップされ続ける自転車(新品)を再度眺めながら、身体を丸めて衝撃に備える体勢を取りつつ、
「あー、少しスピード落ちて来たかなぁ。
 完全に自転車がブレーキになってるやん・・・。
 地面擦ってるし、ガリガリ言うてるし。
 これ、『自転車は私の身代わりになったのだ』ってやつ?」
「とりあえず、地面に落ちたら、速攻で塀の陰に隠れよう。
 運転具合から見て、かなり乱暴やし、正確な判断が出来るとは思えん。
 助かったと思った所で、ブレーキの踏み間違いで轢き殺されたらかなわん」
「この車体とスピードでぶつかられたら、ひとたまりもないなぁ。
 どれくらいの力かかるんやっけ。
 ・・・高校の時の物理で習ったけど・・・。
 もうちょっと真面目に勉強しておけば良かったなぁ」

・・・と思った所で、右手の甲が地面に着きかけた感覚を拾う。
どうやら右手だけ、身体から離れていたようだ。
どうでも良い事を考え過ぎて、油断していた。

目を閉じ、衝撃に備えて更に身体を丸め、とっさに、ビスケット=クルーガー宜しく
「硬!」
と駄目元で心の中で叫んでみるが、残念ながら私は念の使い手ではなかった。と言うか、ここは現実世界・・・orz

右手首から着地した。
ピンポイントで走る衝撃。
そのまま身体が落ちて終了かと思いきや、思った以上に衝撃が強く、私の意志とは関係無しに地面上でボールの様に跳ねる身体。
身体の制御が利かず、この時になって初めて私は動揺した。
2回目は肩から。
3回目は右膝から落ち、それぞれ強打。
「頭は・・・頭だけは死守!」
それを合い言葉に更に身体を丸める私。
思い出される塩沢兼人氏の悪夢。
膝から落ちた衝撃で角度がついたのか、右側頭部から落下。
そこでようやくバウンドが止まりかけたので、目を開く。
顔のすぐ側に塀とプランターの列。相変わらず見事と思える着地点の取りっぷりに、ある意味感動すら覚える。
車は徐々に減速しながらも、こちらに向かっている。
このままだと、両足はスクラップにされた自転車の餌食に、頭部は車左前輪の餌食になる。
すかさず両手で地面をついて、反動を利用して飛び起き、塀の影まで文字通り飛び退いた。

ようやく車が完全に停止したのを確認。
思わず
「よっしゃあっ!勝ったぁ!!!」
と心の中でガッツポーズした。
・・・何に勝ったのかは不明だが。
実際には5~10秒程度の出来事だったが、体感的には20分程の事に感じた。

確実に助かったのが解った瞬間、自分の身体の周りを何かが包んでいる感覚があった。
どうやら、目に見えない何かに守られていたらしい。
先祖レベルではなく、かなり高次元の存在。
それと、飼っていた鳥の存在も。
停止した車の上を見ると、既にブラックホールは消えていた。




お勧めサービスのご案内や、ブログで書けないディープな話題を中心にお送りするメルマガです。
読者向けに月に1回、無料ヒーリングを行っています。
是非ご登録を!
http://www.reservestock.jp/subscribe/35365

※携帯メルアドでは届きません。gmail等のフリーメールのアカウントを取得の上、ご登録ください。

願いを叶えるには
ご自身の願う力や行動力と、それに費やした時間と量が必要ですが、
魔術的サポートも同様に、時間や回数を重ねる事が必要です。
まずは、3ヶ月以上継続して受けられる事をお勧めします
☆あなたにぴったりの白魔術代行コースはどれ?☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1449

☆施術お申し込みはこちらから☆
http://wicca.sakura.ne.jp/member-pallas.html

☆施術のご感想をお寄せ下さい☆
https://ws.formzu.net/fgen/S89926879/
ブログへの掲載可の方に願望達成霊気1回分をサービス中


関連記事
【Abs】

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://cewiccapallas.blog.fc2.com/tb.php/333-02b7bd56