交通事故であの世の入り口を見た話・2 - 白魔術代行で貴方の未来を変える「パルテノン」

交通事故であの世の入り口を見た話・2

その1


8月の某日。
仕事を終え、最寄り駅近くのスーパーで、牛乳・玉子・ハム・カツオのたたきを購入した私は、自転車の前カゴに買い物袋を入れ、普段なら一緒に前かごに入れるリュック(新品)を珍しく背負い、自宅へと自転車を走らせていた。
8月の良く晴れた日で、夕刻ではあるが、まだ明るく視界は良好。
かなり暑く、汗もかいていたので、早く風呂に入りたいなぁと思いながら走行していた。

車道なら逆走になる方向で、歩道を走る。
車の量はいつもと変わらず。
珍しく歩道には、周囲に歩行者も自転車もいなかった。
100メートル以上前方に、年配の男性が歩いている程度。
後方には誰もいない。
住宅街に入る車道と交差する地点の手前で、いつもの様に車道から距離を取った。

その瞬間。

視界の左端に、白い四角の物体を捉えた。
完全な形を捉えた訳ではないが、見えた瞬間
「車や」
と、理解した。
歩道に対してほぼ直角に侵入、徐行どころか、かなりのスピードが出ている状態だと判断。
同時に、頭が高速でシミュレーションを開始し、今見ている状況に重ね合わせて、コンマ数秒後の自分がどうなるかを、リアルな画像で見せつけて来た。
・このまま急ブレーキ→自転車から放り出され半回転して、車の前に落下
・歩道上で左旋回→スリップして横転、足から車に激突

どちらも最悪の結果しか見えない。
とりあえず、この時点で残っている選択肢は、「右にハンドルを切り、車から逃げ切るか並走。車が止まり次第、即座に離れる」だった。
車の速度と距離を考えると、逃げ道は右折しかない。





ランキングに登録しています。
宜しければクリックを!




お勧めサービスのご案内や、ブログで書けないディープな話題を中心にお送りするメルマガです。
読者向けに月に1回、無料ヒーリングを行っています。
是非ご登録を!
http://www.reservestock.jp/subscribe/35365

※携帯メルアドでは届きません。gmail等のフリーメールのアカウントを取得の上、ご登録ください。

願いを叶えるには
ご自身の願う力や行動力と、それに費やした時間と量が必要ですが、
魔術的サポートも同様に、時間や回数を重ねる事が必要です。
まずは、3ヶ月以上継続して受けられる事をお勧めします
☆あなたにぴったりの白魔術代行コースはどれ?☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1449

☆施術お申し込みはこちらから☆
http://wicca.sakura.ne.jp/member-pallas.html

☆施術のご感想をお寄せ下さい☆
https://ws.formzu.net/fgen/S89926879/
ブログへの掲載可の方に願望達成霊気1回分をサービス中


関連記事
【Abs】

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://cewiccapallas.blog.fc2.com/tb.php/328-64f130d8