交通事故であの世の入り口を見た話・1 - 白魔術代行で貴方の未来を変える「パルテノン」

交通事故であの世の入り口を見た話・1

昨年の8月に交通事故に遭い、生まれて初めて骨折なる物をしてしまったのだけれど、そろそろこの件も落ち着いて来たので、厄払い的に事故の様子を書き記してみようかと。


その前に。

私は、幼少期より交通量の多い所に住んでいて、子供の頃から事故現場や事故車両を良く見ている。
大阪なので、正直、交通ルールは宜しくない。
当然、近隣の交通マナーは車も自転車も余り宜しくないので、学生の頃から小さい事故は何度か遭っている。

例えば、
・通学中に自転車同士で正面衝突して、数メートル吹っ飛んだ
・駐車場から出て来た、中年女性が運転する前方不注意の車に
 当てられて、自転車ごと横転
・突然バックして来た中型トラックの後輪に、
 自転車巻き込まれかけた(指示器もガッツ石松も無し)
・横断歩道を自転車で横断中に、車道走行中の信号無視の
 リーマン自転車に横から全力でぶつかられて吹っ飛ばされた

派手に吹っ飛んで、数メートル宙を舞っても、何故か受身は取れる運動音痴な私。
着地点のすぐ側に電信柱があっても、華麗に避けている謎。
幸いにも、事故に遭っても無傷、もしくは、膝を擦りむく程度の怪我で済んでいた。

最近、道路交通法が改正されて自転車も車道を走る事になったが、交通量が多いので、家の周辺は自転車の走行可能な歩道ばかり。
車と自転車が共存するには狭過ぎる道路を、普通にリムジンバスや大型トラックが走行しているので、車道を走るのは割と自殺行為である。
それよりも怖いのが、車道を走っているスポーツ系の自転車や、サラリーマンが乗ってる自転車。
彼らの自転車は「まず信号無視をする物」と認識して良いくらいには、信号無視して猛スピードで突っ込んで来るので、横断歩道を渡る時は、必ずそう言った自転車が来ていないかを確認し、来ていたらガンを飛ばして止まらせるか、もしくは(青信号なのに)こちらがやり過ごすかをしないと、こちらのライフがいくつ有っても足りないくらいには危険。

そんな地域に住んでいるので、自転車で歩道を走行していても、そこまでスピードを出す事もなく、歩道と車道が交差する場所では、状況を確認せずに急に突っ込んで来る車への対策として、前後を確認した上で車道から一番離れた部分を走行する癖が着いていた。

この癖が、結果的には良かったのかもしれない。


続く。





ランキングに登録しています。
宜しければクリックを!




お勧めサービスのご案内や、ブログで書けないディープな話題を中心にお送りするメルマガです。
読者向けに月に1回、無料ヒーリングを行っています。
是非ご登録を!
http://www.reservestock.jp/subscribe/35365

※携帯メルアドでは届きません。gmail等のフリーメールのアカウントを取得の上、ご登録ください。

願いを叶えるには
ご自身の願う力や行動力と、それに費やした時間と量が必要ですが、
魔術的サポートも同様に、時間や回数を重ねる事が必要です。
まずは、3ヶ月以上継続して受けられる事をお勧めします
☆あなたにぴったりの白魔術代行コースはどれ?☆
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1449

☆施術お申し込みはこちらから☆
http://wicca.sakura.ne.jp/member-pallas.html

☆施術のご感想をお寄せ下さい☆
https://ws.formzu.net/fgen/S89926879/
ブログへの掲載可の方に願望達成霊気1回分をサービス中


関連記事
【Abs】

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://cewiccapallas.blog.fc2.com/tb.php/327-83bde0ae