交通科学博物館 - 白魔術代行で貴方の未来を変える「パルテノン」

交通科学博物館

4/6で閉館と言う事で、数十年振りに行ってみた。
正直、小2以来なので殆ど記憶が・・・w
弁天町の駅前って言うのは覚えているのだけれど、どこから行くんだっけorz

弁天町の駅に着くと、混雑回避の為に迂回させられた。
そして駅前で迷う。
そもそも、弁天町で降りる事が無いしなぁ。
良く解らずにぐるぐる回っていたら、それっぽい人ごみ発見。
どうやら迂回表示に釣られて迂回し過ぎた様だorz

小さい頃の記憶では「駅からでかい階段を下りればすぐそこ」だったのだけれども。
その「でかいと思っていた階段」は、恐ろしくしょぼかった事に気がついた。
そりゃ、当時1mちょいの身長だったのが、今では男性の平均身長と変わらないくらいの大きさだもんなぁ・・・。
広いと思っていた構内も、今となっては結構狭かった事に気付くw

入場料400円払って中に。
子供連れと、カメラを持った鉄っちゃんと、昔を懐かしむお年寄りしかいなかった。
昔は現役で走ってたので、これの展示はなかったなぁ。
交通科学博物館


一通りぐるりと回って外に。
外に確か食堂車があって、そこでご飯食べられたよね!と記憶を辿って食堂車に行ってみたけれど、16時閉店な上に、お弁当しか売っていなかった件。
昔はカレーとか売ってたのに。
食べるの諦めて外をぐるぐる見回ってみる。
京都駅を模した所に蒸気機関車やら色々置いてあった。
・・・やっぱり昔見た記憶より小さい・・・w
交通科学博物館



昔を懐かしむと言うよりも、自分がでかくなり過ぎた事を痛感してそそくさと退散しましたとさ。





最後までお読み頂きありがとうございます
ランキングに登録しました
1日1回のクリックが記事更新の励みになります



関連記事
【Abs】

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://cewiccapallas.blog.fc2.com/tb.php/26-537ca2e3